カードローンによる老後破産に注意するためには?

カードローンによる老後破産に注意するためには?

銀行カードローンが要因により、老後に自己破産に至るケースが現在では増加傾向にあります。特に40代以降の方においては、30代以下に比べて増加していることが問題視されています。消費者金融の場合、年金受給は安定した収入と見做していないため、定年後の借り入れは難しいのが実状です。

しかし、銀行カードローンには年金受給も収入として申込対象となるため、注意が必要です。そのため、老後破産のリスクを軽減するためには安易にカードローンに頼らず、定年前に完済するという計画性が重要となっています。

銀行カードローンの場合、保証会社が万が一の際に債務を負ってくれると勘違いしがちです。実際のところは、財産の相続により、息子や娘に返済の負担が回ってしまい、家族内で連鎖的な自己破産を誘発する可能性があります。先ずはカードローンは自分自身の世代で完済してしまう、もしくは債務整理といったことも適宜判断することが重要です。

tyoryo

コメントは受け付けていません。