主婦がプロミスを利用する時にどのような点に注意すればいい?

最近では主婦でもキャッシングをするようになってきていますが、プロミスを利用する時は注意したい点があるのでしっかり把握してから申し込みをする必要があります。そこで主婦がプロミスを利用する時にどのような点に注意しなければいけないのか確認していきましょう。

・月に1回以上の収入を得ている事が最低条件

プロミスは消費者金融なので総量規制の対象になっています。総量規制の対象になっていると借り入れをする時に年収制限されるのでまず収入を得ていない専業主婦は利用する事が出来ません。また収入を得ていても不定期だと安定していないと判断されて審査に落ちてしまいます。主婦がプロミスを利用する時は収入が安定している事が大切になってくるので月に1回以上の収入を得ている事が最低条件になります。

・プロミスは配偶者貸付制度がない

中小の消費者金融では配偶者に安定した収入があれば家族の収入にする事が出来る配偶者貸付制度があります。それで収入のない専業主婦でも配偶者貸付制度を利用してキャッシングをする事が出来ます。しかしプロミスは配偶者貸付制度がないので収入を得ていない専業主婦は確実に利用する事が出来ません。配偶者貸付制度を利用したいと考えている専業主婦はプロミス以外の配偶者貸付制度がある消費者金融を利用する必要があります。

話題のレイクを利用してみたい…キャッシングで事前に知っておくべきこと

突然まとまったお金が必要になったら、誰でも焦ってしまうと思います。

そんなときに助けになるのがキャッシングです。特に、名前を一度は聞いたことのある「レイク」を思い浮かべた方は多いことでしょう。

レイク等のキャッシングを利用する前に、まずお金を借りたあと、返済の計画が立てられそうか考えてみましょう。

定期的な収入を得ている方なら、分割で少しずつでも返していけそうだな、と見当がつきますね。

ご家族などにキャッシングの事実が知られないか心配な方は、レイクでの借り入れを考えてみましょう。

レイクを始めとした多くの企業が、ご家族に知られたくないかどうかの確認項目を設けているので安心です。

個人情報の保護が叫ばれる時代、きちんと利用者の立場からキャッシングを考えてくれているところも多いのですね。

特に、インターネットでさまざまな手続きを済ませれば、周りの方に気づかれる可能性は大変低くなります。

返済の計画ができそうだったら、ネットや専用窓口への電話などで相談をしてみましょう。

誰でも初めて行うときはドキドキしてしまうものです。ですが、相手はたくさんの相談を受け入れているプロですので、安心して第一歩を踏み出してみてください。

キャッシング審査における保証人の位置合いとは?

キャッシングを行う際に保証人は必要なく、キャッシングを行うことができると言う事は皆さんご存じではないかと思います。しかしながらキャッシングを行う条件やキャッシングを行う人の職業によって保証人を立てなければならない場合もあります。基本的にキャッシングを行うことに保証人が要らないと言われてはいますが、果たしてどのようなときに保証人が必要とされるのでしょうか?

まず1つは申し込みを行う人の職業が学生であった場合、また安定した収入がない場合には保証人を立てなければならない場合があります。また主に学生が対象になりますが、ローンやクレジットカードなどで300万円以上の借り入れがある場合には原則として両親が保証人になる必要があります。めったに保証人は必要ありませんが、保証人が必要となる場合もありますので注意が必要です。