9月 2019アーカイブ

お正月でも大手消費者金融なら大丈夫

ちょうどこのブログを書いているのはお正月です。新年早々何かと物入りで、急にお金が必要となることがあります。そんな時お役に立つのが大手消費者金融です。残念ながらアコムとプロミスは1月1日は自動契約コーナーも閉まっていますが、2日から平常通り契約できます。なおインターネット契約は可能ですが、銀行が3日までは閉まっているので、振込み融資は原則不可能です。

ですから土日祝日と同じように、大手消費者金融でお正月に即日融資を受けるには自動契約コーナーでカードを受け取る必要があります。なお契約を完了するには職場への在籍確認が取れることが条件となります。ですからお正月で職場がお休みなら、即日融資は不可能であることが注意点です。

地方銀行カードローンでは提携ATMが利用しやすい理由

ご地方の銀行というのはどうしても地域限定になりがちな部分が大きいです。

ですが提携先のATMは多いものですし、返済のしやすさという点では地方の諸費者金融よりは確実に利便性が違います。

これについては、銀行のその他の機能を使うようなことが多いから、それと同時にキャッシング関連でも利用がしやすいようになっているからだろうと思われます。

もともとそういった機能を使わせてもらっていることがありますし、資本額も中小の消費者金融と比べても大きいのでそのあたりに関しては、意外にしっかりとしているのです。

しかも、全国的に使える地方銀行が多いので、思ったよりもお金の借り入れや返済という点ではかなりやりやすいのも特徴的です。

キャッシング審査に臨む際に重視すべきは噂よりも確かな知識

カードローンの進化などにより、今や非常に多くの方がキャッシングをしています。また、情報化社会でもあるため、どこの審査が緩い、厳しいといった噂もインターネット上で飛び交っています。審査したこと自体も記録に残ったりすることも考えると、確かに失敗するより成功した方がいいのは明らかであり、幅広い情報はありがたいものです。

ただ、特に匿名のインターネット掲示板に掲載されているような書き込みの場合、情報が古くなっていたり不確かだったりするリスクもあるので要注意です。最悪、少し前に「ここがいい」と言われていた会社が既に消滅していることさえあったりします。

それよりも、審査には何を持っていけばいいかなどの知識を正しく得て、自分が貸し手だったら好感を持つかどうかを軸に考えていった方が間違いは少ないのではと思われます。

アイフルならネットからの申込みでも安心です

キャッシングの審査には優先順位というものがあり、申込みが重なってしまった時には自動契約機からの申込みが一番優先されます。これは自動契約機の前であまり待たせる訳にはいかないという理由からで、その時間を自由に使うことができるネットからの申込みは、審査が込み合っている時には後回しにされてしまうことが多いです。

これはキャッシング会社を問わず、共通した特徴だと言うことができますが、アイフルでは急ぎの場合にネットから申込みを行っても審査を優先してもらうことができるのです。

それには審査の行われている時間(9~21時)にネットから申し込んだ後に、専用のフリーダイヤルまで電話を掛けてください。番号は以下の通りです。

○アイフル ネット申込み優先審査ダイヤル 0120-337-137(連日9~21時)

これで自動契約機からの申込み並の優先順位で審査を行ってもらうことができます。いくら急ぎの場合でもすぐに自動契約機までは行けないことも多いと思いますが、アイフルならネットから申込みを行っても最短で審査を受けることができます。

更に審査に合格したという連絡を受けた後にアイフルの自動契約機を利用すると、その場でカードの発行、及びキャッシングを行うことができます。申込みをネットから行って、優先的に審査をしてもらえるように電話を掛け、審査結果を待っている時間に最寄りのアイフルの自動契約機まで移動することで、一番早くキャッシングを行うことができるでしょう。

キャッシング会社選び金利が低い会社が有利

キャッシングの会社を選ぶときは金利が低い会社を選ぶことがとても重要です。キャッシングでお金を借りると無料で借りられるわけではなくキャッシングで借りたお金に対して利息の支払いが必要になります。利息はキャッシングで借りたお金の金額に対して一定の利率で計算されて1ヶ月ごとに請求されるという仕組みになっています。

このようにキャッシングで借りたお金に対してどれぐらいの割合で利息の金額を請求するかを決めたものが金利になります。そのため金利が低いキャッシングを選ぶと、キャッシングでお借りたお金に対して算出される利息の金額が安くなるということになります。ということは、できるだけ低金利のキャッシングを利用したり、無利息サービスを活用すれば、利息が安くなります。