6月 2019アーカイブ

学生がキャッシングをする事が出来る3つの条件

学生の時に金欠の状態になった時は親に相談して援助してもらう事も多いですが、家庭の事情によってキャッシングをしなければいけない事もあります。しかし学生だとキャッシングをする事が出来るのか不安になってしまうので申し込みをしない人も中にはいます。そこで学生がキャッシングをする事が出来る条件を確認していきましょう。

・年齢は20歳以上が条件

カードローンは年齢が20歳以上が利用条件となっています。それにより学生でも20歳以上ならキャッシングをする事が出来ます。大学生や専門学生なら20歳以上になっているのでカードローンに申し込む事が可能です。

・安定した収入がある事が条件

カードローンの利用条件の中に安定した収入がある人という項目があるので条件に満たしていれば学生でもキャッシングをする事が出来ます。学生が安定した収入を得る場合はアルバイトをするのが基本なので週に3~4日働いて月々に一定の収入を得ておく必要があります。

・他社からの借り入れがないのも条件

カードローンは他社からの借入件数が3件以下というのが審査の可決条件になっていますが、学生の場合は1件でもあると審査に落ちてしまう事が多いです。学生がキャッシングする時は他社からの借り入れがないのも条件と考えておいた方がいいでしょう。

キャッシングの返済が大事な理由

キャッシングを利用するときに一番大事になってくるのが返済が遅れないようにする事です。
それはどうしてかというと、キャッシングを利用して返済が遅れるとどんな理由でも
許されないからです。

もし、キャッシングを利用してその返済が遅れた時はそれでその人はブラックリストに入れられてしまいます。その結果また別のキャッシング会社を使ってお金を借りようと思った時でも
返済が遅れた事が原因で借り入れの審査に通らなくなります。

でも、キャッシング会社の借り入れの基準に詳しくない人からすれば
返済が他社で贈れたくらいで別のキャッシング会社からお金を借りれないとは思わないと
思います。

ですが、実際はお金を借りた時に返済が遅れただけでその情報が他社に共有されて
お金を貸せないという事になります。

ですから、すでに他社でお金を借りているという人でその返済が遅れた事があるという人は
そのせいで別のキャッシング会社からお金を借りれない事も十分あるのでその事はしっかり
その点は分かった上でキャッシング会社からお金を借りないとダメです。

そうしないと返済が遅れた経験があるというだけでもうどこに申し込んでも借りれない
事もあるので注意が必要です。

キャッシングを利用するなら

キャッシングサービスを使うときは、それぞれの会社が持つ特徴を把握してから利用することが大切です。金利が安い会社もあるので、事前に調べて利用しやすいところを探しましょう。限度額もそれぞれの会社ごとに異なっており、たくさんお金を借りたいときはいくらまで貸してくれるか調べる必要があります。

中には最低限度額が決められているところもあるので、いくらから借りることができるのか確認しておくことも重要です。できるだけ早くお金を用意したいときは、審査時間も調べておくと良いでしょう。審査が早い会社は数十分後に結果が出る場合があるので、緊急時のときにも便利なサービスです。

コンビニATMの手数料が無料になる会社もあるので、余計な出費をしたくないときは確認してから申し込みを行ってください。どんなサービスを行っているか知りたいときは、キャッシングを行う会社のサイトに詳しい情報が掲載されているので時間や場所を問わず調べることができます。

申し込みをインターネットで済ませることができる場合もあるので、お金を借りたいときはサイトを閲覧することをおすすめします。自宅で借入を申し込むことで他の人に目撃される心配が無いため、誰にも知られずお金を借りたいというときに便利です。

返済で大切なこと

私は毎月キャッシングで借りているお金を返済しています。
ある先日の事、口座に入金するのを忘れてしまい、キャッシング会社の方から連絡がありました。もちろん口座に入金していないので、借りているお金の返済についての確認の内容でした。私も返すお金がなく、支払っていないというわけではないので、そのことを説明しました。

約束通りすぐに返済しない私が悪いのですが、返済が遅れたことは確かなので、遅延損害金を払いました。
友達などからお金を借りる場合などの気を付けておきたい点としては、返す期限をはっきりと決めて伝えることが最も大切で絶対条件だと思います。返せなかったことで、いつまでも借りたお金を返さないと友達から信じてもらえなくなります。私が友達にお金を貸す場合はいつも友達にお金をあげるつもりで貸しています。なので友達からお金が返されたときは「戻ってきてラッキー!」と思います。

借金は全額をそろえて約束の期日までに返すという意識が大切になります。なので遅延損害金を請求してきたキャッシング会社には感謝しなければと思います。普通は信用を失い、そこで終わる。という一番最低の所で終わってしまうからです。
お金を借りるときは、もちろん絶対期限に返すということが第一条件ですが、長期間などの場合は低金利から無理のない自分も相手にも良い条件で借りるのがよいと思います。

自分の判断で慎重にキャッシング

銀行の名前を関したキャッシュローンが多く出回っています。銀行を通してローンを組むと総量規制対象外になりますので借り入れ金額の規制がなく多くのお金を借り入れることができます。消費者金融でローンを組んだ場合は借り入れ金額が年収の三分の一を超えるときには審査が厳しくなり収入証明書も提出しなければならなくなってしまいます。

このように規制がない銀行のローンは審査から申し込みもパソコンやスマホから簡単にできることから好評なようです。ですが注意をしていただきたいのはこのローンの保障会社はそのほとんどが消費者金融が保障会社として名乗りを上げていることです。

貸付金利も一部の銀行を除いてほとんどが消費者金融で借り入れる金利と同じです。総量規制により多くの顧客が望めなくなった消費者金融が保障会社として銀行の後ろに控えて営業を行っているのに過ぎません。顧客の増大とともに営業利益の増大を狙っているわけです。

銀行のこれらのローンも言ってみれば総量規制がはずされた消費者金融の商品に過ぎないことをよく知った上で、計画的な利用をすることが大切になってきます。決して銀行の名前に踊らされないことが大切で自分の判断も重要になってきます。