アイフルならネットからの申込みでも安心です

キャッシングの審査には優先順位というものがあり、申込みが重なってしまった時には自動契約機からの申込みが一番優先されます。これは自動契約機の前であまり待たせる訳にはいかないという理由からで、その時間を自由に使うことができるネットからの申込みは、審査が込み合っている時には後回しにされてしまうことが多いです。

これはキャッシング会社を問わず、共通した特徴だと言うことができますが、アイフルでは急ぎの場合にネットから申込みを行っても審査を優先してもらうことができるのです。

それには審査の行われている時間(9~21時)にネットから申し込んだ後に、専用のフリーダイヤルまで電話を掛けてください。番号は以下の通りです。

○アイフル ネット申込み優先審査ダイヤル 0120-337-137(連日9~21時)

これで自動契約機からの申込み並の優先順位で審査を行ってもらうことができます。いくら急ぎの場合でもすぐに自動契約機までは行けないことも多いと思いますが、アイフルならネットから申込みを行っても最短で審査を受けることができます。

更に審査に合格したという連絡を受けた後にアイフルの自動契約機を利用すると、その場でカードの発行、及びキャッシングを行うことができます。申込みをネットから行って、優先的に審査をしてもらえるように電話を掛け、審査結果を待っている時間に最寄りのアイフルの自動契約機まで移動することで、一番早くキャッシングを行うことができるでしょう。

キャッシング会社選び金利が低い会社が有利

キャッシングの会社を選ぶときは金利が低い会社を選ぶことがとても重要です。キャッシングでお金を借りると無料で借りられるわけではなくキャッシングで借りたお金に対して利息の支払いが必要になります。利息はキャッシングで借りたお金の金額に対して一定の利率で計算されて1ヶ月ごとに請求されるという仕組みになっています。

このようにキャッシングで借りたお金に対してどれぐらいの割合で利息の金額を請求するかを決めたものが金利になります。そのため金利が低いキャッシングを選ぶと、キャッシングでお借りたお金に対して算出される利息の金額が安くなるということになります。ということは、できるだけ低金利のキャッシングを利用したり、無利息サービスを活用すれば、利息が安くなります。

カードローンによる老後破産に注意するためには?

銀行カードローンが要因により、老後に自己破産に至るケースが現在では増加傾向にあります。特に40代以降の方においては、30代以下に比べて増加していることが問題視されています。消費者金融の場合、年金受給は安定した収入と見做していないため、定年後の借り入れは難しいのが実状です。

しかし、銀行カードローンには年金受給も収入として申込対象となるため、注意が必要です。そのため、老後破産のリスクを軽減するためには安易にカードローンに頼らず、定年前に完済するという計画性が重要となっています。

銀行カードローンの場合、保証会社が万が一の際に債務を負ってくれると勘違いしがちです。実際のところは、財産の相続により、息子や娘に返済の負担が回ってしまい、家族内で連鎖的な自己破産を誘発する可能性があります。先ずはカードローンは自分自身の世代で完済してしまう、もしくは債務整理といったことも適宜判断することが重要です。

福岡銀行のカードローンについて

福岡銀行カードローンは、福岡県を中心に展開しているカードローンであります。

福岡銀行カードローンは、口座開設なしでも利用可能であり、口座があればWEB完結で来店もいりません。

口座ありで年収が50万円以下の借り入れにする場合には、本人確認書類もいりませんので、かなり手間のかからない方法でお金を借りることができます。

口座があれば速いと2営業日で借り入れるのもなかなか悪くないです。

借入限度額は1000万円までで地方銀行にしては上限が高く、金利は3.0%から14.5%となっています。

もちろんATMもコンビニなどの提携先ATMであれば利用することはどこからでも可能であり、

基本的なスペックとしては大手の銀行系カードローンとほとんど変わりませんので、福岡のあたりで利用ができるかたら

そこそこ利用がしやすいカードローンではないかと思います。

ただ、カードローンが郵送で分からないように届くとはいえ、手紙での発送だったりしますし、

明細書も郵送で年2回は届くようになっているようですから、ちょっとばれないようにするのは難しいところかもしれません。

ですが、他の地方銀行に比べると全体的な利便性はかなりある方だと思います。

キャッシングと質屋の審査の時間の違い

お金を借りるのであれば、キャッシングをするのがメジャーな方法であるといえますが、お金を借りる手段はなにもキャッシングだけではありません。

質屋を利用するという方法も考えられます。

質屋は物を預けることによって、お金を借りるという手段でありますが、あまりなじみがない肩もかなりいると思います。

質屋には、担保となるものさえあれば、お金が借りられるというシステムで最大のメリットとしては

かなり速いスピードでお金を借入できるということです。

キャッシングですと契約から実際の借入までどんなに早くても1時間くらいはかかってしまうのが一般的です。

ですが、質屋さんであれば、担保となるものを見てからどれくらいでお金を借入できるのはkというのがかなり早い段階で調査が完了しますので、

会社にいる鑑定士の腕や、会社の規模などにもよりますが、最短で10分や20分というレベルでお金を貸してくれるというようなところも多いです。

もちろん、品物によっては当日中に終わらないケースもありますが、これはキャッシングも同様のことが言えるものです。

質屋は高価なものを所有していて、緊急でお金が欲しいときに利用するととても便利なお金の借り入れ方だといえます。

アルバイトでもキャッシングできました

現在、僕は時々キャッシングを利用していますが、最初にキャッシングを利用したときはアルバイトをしていました。

当時、車の車検代を払う必要があったのですが、予定外の出費が重なって金欠になってしまってどうしようと悩んでいました。数万円という高額なお金だったですし、短期間で全額返せるほどアルバイトで稼いでなかったので、人から借りるのを躊躇していました。

そこで、キャッシングは利用できないかなと思ったのですが、アルバイトだから審査が通らないのではないかと思ってインターネットで情報を集めてみることにしました。ネットで調べてみるとアルバイトであっても安定した収入があればキャッシングは可能という情報があったので申し込みをしてみることにしました。審査は30分くらいで結果が出て、無事に審査を通過することができました。

キャッシングを利用することができたおかげで車検代も無事に支払うことができましたし、毎月の返済額の少額でよかったので、無理なく返済していくことができました。世間には僕みたいにアルバイトだとキャッシング利用できないのではないかと思っている人もいると思いますが、アルバイトでもキャッシングは可能だということを知ってほしいなって思います。

消費者金融を即日で利用するのは難しくない

消費者金融のキャッシングは、即日融資を可能にするために担保・保証人不要、WEB完結などを取り入れています。基本的に午後2時くらいまでに申し込みすれば、特別な理由がなければ即日で借りることができます。午後3時を過ぎると翌営業日の対応になることが多いので、早めの申し込みを意識してください。

融資まで時間がかかる申し込み方法は郵送契約であり、現在でも1週間以上かかるのが普通です。即日で借りる方法はWEB完結のほか自動契約機、店頭窓口での契約などがあります。

融資までの時間には希望額も影響し、高額になると時間がかかる場合が多いです。一般的に30万円くらいまではスピーディーですが、それ以上になると遅くなる傾向があります。希望額を大きく設定することは、消費者金融を迷わせる原因になるからです。

例えば返済能力50万円の方が30万円を借りるのは難しくありませんが、50万円となると金融機関を迷わせます。50万円超になると審査に通過できなくなり、一度審査に落ちた金融機関では原則として再審査を受けることはできません。即日で借入するためには、決して無理はしないことが大切です。事前に消費者金融側に即日融資を受けたいと伝えておけば、適切な融資額を提案してくれることがあります。

おまとめローンは総量規制の対象外ですが…

他社からの借り換え専用のおまとめローンは総量規制の対象外なので、年収の1/3を超える金額になっても大丈夫ですが、そもそも消費者金融のおまとめローンの借り換え対象となるのは他の消費者金融からの借り入れ分だけです。

よって、現在抱えているクレジットカードや他のローン契約の残りの支払い分、銀行からの借り入れ分などは借り換え対象になりません。つまり、元々総量規制が適用される借り入れ分だけしか借り換えることができないので、おまとめローンによって借りる金額が総量規制をオーバーしていることは基本的には無いのです。

基本的にはと書きましたが、特にパートやアルバイトのような毎月の収入が一定ではない人の年収はあくまで概算で算出される為、数社を利用している場合、改めてまとめてみると実際には年収の1/3以上の借り入れを行っているようなケースがあります。また、会社員でも契約時より年収が減ってしまった場合など、そのような場合の借り換えにこの総量規制の対象外という点が利点となるのです。

つまり、消費者金融のおまとめローンは基本的には総量規制内の範囲内での借り換えになりますが、いざ合計してみたところ現在ではそれを超えていたというようなケースでも安心だということです。

震災後、家賃が払えずやむなくキャッシングしました

私は30代男性、飲食店を経営しています。

店の経営が悪化したのは約2年前。ちょうど震災が起こった直後からです。

2007年頃からのカフェブームに乗っかり、カフェ風のダイニングバーを開いてみました。最初は知り合いや近所の人たちが来てくれて経営は順調でした。さらに夜はアルコールも出していたので、週末は会社帰りのサラリーマンやカップルで店内は賑わい商売も軌道に乗っている感じがしました。

しかし震災が起こってから、ぱったりと客足が途絶えてしまいました。2~3か月は一日の売り上げが何千円という日々が続きました。

蓄えも殆ど無かったので3か月目になると家賃も払えなくなってしまい、プロミスに入会してキャッシンングをして家賃にあてました。

自営業でこんな状況でしたが、なんとか審査が通り安心しました。しかしそれでも客足は元通りには戻りませんでした。

せっかく開いた自分の店を潰したくない気持ちで必死に頑張りました。

努力のせいか、震災から半年経ったあたりからようやく以前のようにお客さんが戻って来るようになりました。

やはりこの半年間、日本全体が落ち込んでいたのかもしれません。

それからお店で震災に付随したチャリティーイベント等、積極的に開催してなんとか持ち直しましたがその時に家賃の為に借りた額50万円はまだ完済できていません。返済が滞ったことはありません。コツコツ返し今年の10月頃には完済できる予定です。

現在は今まで通りのお客さんでお店輪賑わっていますが、一時はどうなることやら…と本気で心配しました。

お陰様で今日も忙しくなりそうです。

学生がキャッシングをする事が出来る3つの条件

学生の時に金欠の状態になった時は親に相談して援助してもらう事も多いですが、家庭の事情によってキャッシングをしなければいけない事もあります。しかし学生だとキャッシングをする事が出来るのか不安になってしまうので申し込みをしない人も中にはいます。そこで学生がキャッシングをする事が出来る条件を確認していきましょう。

・年齢は20歳以上が条件

カードローンは年齢が20歳以上が利用条件となっています。それにより学生でも20歳以上ならキャッシングをする事が出来ます。大学生や専門学生なら20歳以上になっているのでカードローンに申し込む事が可能です。

・安定した収入がある事が条件

カードローンの利用条件の中に安定した収入がある人という項目があるので条件に満たしていれば学生でもキャッシングをする事が出来ます。学生が安定した収入を得る場合はアルバイトをするのが基本なので週に3~4日働いて月々に一定の収入を得ておく必要があります。

・他社からの借り入れがないのも条件

カードローンは他社からの借入件数が3件以下というのが審査の可決条件になっていますが、学生の場合は1件でもあると審査に落ちてしまう事が多いです。学生がキャッシングする時は他社からの借り入れがないのも条件と考えておいた方がいいでしょう。

キャッシングの返済が大事な理由

キャッシングを利用するときに一番大事になってくるのが返済が遅れないようにする事です。
それはどうしてかというと、キャッシングを利用して返済が遅れるとどんな理由でも
許されないからです。

もし、キャッシングを利用してその返済が遅れた時はそれでその人はブラックリストに入れられてしまいます。その結果また別のキャッシング会社を使ってお金を借りようと思った時でも
返済が遅れた事が原因で借り入れの審査に通らなくなります。

でも、キャッシング会社の借り入れの基準に詳しくない人からすれば
返済が他社で贈れたくらいで別のキャッシング会社からお金を借りれないとは思わないと
思います。

ですが、実際はお金を借りた時に返済が遅れただけでその情報が他社に共有されて
お金を貸せないという事になります。

ですから、すでに他社でお金を借りているという人でその返済が遅れた事があるという人は
そのせいで別のキャッシング会社からお金を借りれない事も十分あるのでその事はしっかり
その点は分かった上でキャッシング会社からお金を借りないとダメです。

そうしないと返済が遅れた経験があるというだけでもうどこに申し込んでも借りれない
事もあるので注意が必要です。

キャッシングを利用するなら

キャッシングサービスを使うときは、それぞれの会社が持つ特徴を把握してから利用することが大切です。金利が安い会社もあるので、事前に調べて利用しやすいところを探しましょう。限度額もそれぞれの会社ごとに異なっており、たくさんお金を借りたいときはいくらまで貸してくれるか調べる必要があります。

中には最低限度額が決められているところもあるので、いくらから借りることができるのか確認しておくことも重要です。できるだけ早くお金を用意したいときは、審査時間も調べておくと良いでしょう。審査が早い会社は数十分後に結果が出る場合があるので、緊急時のときにも便利なサービスです。

コンビニATMの手数料が無料になる会社もあるので、余計な出費をしたくないときは確認してから申し込みを行ってください。どんなサービスを行っているか知りたいときは、キャッシングを行う会社のサイトに詳しい情報が掲載されているので時間や場所を問わず調べることができます。

申し込みをインターネットで済ませることができる場合もあるので、お金を借りたいときはサイトを閲覧することをおすすめします。自宅で借入を申し込むことで他の人に目撃される心配が無いため、誰にも知られずお金を借りたいというときに便利です。

返済で大切なこと

私は毎月キャッシングで借りているお金を返済しています。
ある先日の事、口座に入金するのを忘れてしまい、キャッシング会社の方から連絡がありました。もちろん口座に入金していないので、借りているお金の返済についての確認の内容でした。私も返すお金がなく、支払っていないというわけではないので、そのことを説明しました。

約束通りすぐに返済しない私が悪いのですが、返済が遅れたことは確かなので、遅延損害金を払いました。
友達などからお金を借りる場合などの気を付けておきたい点としては、返す期限をはっきりと決めて伝えることが最も大切で絶対条件だと思います。返せなかったことで、いつまでも借りたお金を返さないと友達から信じてもらえなくなります。私が友達にお金を貸す場合はいつも友達にお金をあげるつもりで貸しています。なので友達からお金が返されたときは「戻ってきてラッキー!」と思います。

借金は全額をそろえて約束の期日までに返すという意識が大切になります。なので遅延損害金を請求してきたキャッシング会社には感謝しなければと思います。普通は信用を失い、そこで終わる。という一番最低の所で終わってしまうからです。
お金を借りるときは、もちろん絶対期限に返すということが第一条件ですが、長期間などの場合は低金利から無理のない自分も相手にも良い条件で借りるのがよいと思います。

自分の判断で慎重にキャッシング

銀行の名前を関したキャッシュローンが多く出回っています。銀行を通してローンを組むと総量規制対象外になりますので借り入れ金額の規制がなく多くのお金を借り入れることができます。消費者金融でローンを組んだ場合は借り入れ金額が年収の三分の一を超えるときには審査が厳しくなり収入証明書も提出しなければならなくなってしまいます。

このように規制がない銀行のローンは審査から申し込みもパソコンやスマホから簡単にできることから好評なようです。ですが注意をしていただきたいのはこのローンの保障会社はそのほとんどが消費者金融が保障会社として名乗りを上げていることです。

貸付金利も一部の銀行を除いてほとんどが消費者金融で借り入れる金利と同じです。総量規制により多くの顧客が望めなくなった消費者金融が保障会社として銀行の後ろに控えて営業を行っているのに過ぎません。顧客の増大とともに営業利益の増大を狙っているわけです。

銀行のこれらのローンも言ってみれば総量規制がはずされた消費者金融の商品に過ぎないことをよく知った上で、計画的な利用をすることが大切になってきます。決して銀行の名前に踊らされないことが大切で自分の判断も重要になってきます。

どのような人がプロミスから限度額の増額を案内される?

プロミスにキャッシングの申し込みをすると審査が行われて可決されると限度額が提示されます。限度額の範囲内であれば何度もも借り入れする事が出来ますが、年収によって限度額の設定が決められてしまうので少なくなってしまう事もあります。しかしプロミスから限度額の増額を案内されて今までの限度額から増額する事が出来ます。そこでプロミスから限度額の増額を案内されるのはどのような人なのか見ていく事にしましょう。

・プロミスで1年以上キャッシングをしている人

プロミスは信用度を重視しているので限度額の増額を案内する時はある程度実績がある人が対象になります。実績がある目安となっているのは1年間の利用としているのでプロミスで1年以上キャッシングをしている人が限度額の増額を案内される事が多いです。限度額を増額したい時はとりあえず1年間のキャッシングの実績を作る事が大切になってきます。

・一度も延滞していない

プロミスで1年以上キャッシングをしている人でも何度も延滞していると返済能力に疑問が出てきてしまいます。限度額を増額すると借り過ぎて返済する事が困難になるリスクも出てきてしまいます。それでプロミスから限度額の増額を案内されるのは一度も延滞していない人に限られてしまいます。

主婦がプロミスを利用する時にどのような点に注意すればいい?

最近では主婦でもキャッシングをするようになってきていますが、プロミスを利用する時は注意したい点があるのでしっかり把握してから申し込みをする必要があります。そこで主婦がプロミスを利用する時にどのような点に注意しなければいけないのか確認していきましょう。

・月に1回以上の収入を得ている事が最低条件

プロミスは消費者金融なので総量規制の対象になっています。総量規制の対象になっていると借り入れをする時に年収制限されるのでまず収入を得ていない専業主婦は利用する事が出来ません。また収入を得ていても不定期だと安定していないと判断されて審査に落ちてしまいます。主婦がプロミスを利用する時は収入が安定している事が大切になってくるので月に1回以上の収入を得ている事が最低条件になります。

・プロミスは配偶者貸付制度がない

中小の消費者金融では配偶者に安定した収入があれば家族の収入にする事が出来る配偶者貸付制度があります。それで収入のない専業主婦でも配偶者貸付制度を利用してキャッシングをする事が出来ます。しかしプロミスは配偶者貸付制度がないので収入を得ていない専業主婦は確実に利用する事が出来ません。配偶者貸付制度を利用したいと考えている専業主婦はプロミス以外の配偶者貸付制度がある消費者金融を利用する必要があります。

話題のレイクを利用してみたい…キャッシングで事前に知っておくべきこと

突然まとまったお金が必要になったら、誰でも焦ってしまうと思います。

そんなときに助けになるのがキャッシングです。特に、名前を一度は聞いたことのある「レイク」を思い浮かべた方は多いことでしょう。

レイク等のキャッシングを利用する前に、まずお金を借りたあと、返済の計画が立てられそうか考えてみましょう。

定期的な収入を得ている方なら、分割で少しずつでも返していけそうだな、と見当がつきますね。

ご家族などにキャッシングの事実が知られないか心配な方は、レイクでの借り入れを考えてみましょう。

レイクを始めとした多くの企業が、ご家族に知られたくないかどうかの確認項目を設けているので安心です。

個人情報の保護が叫ばれる時代、きちんと利用者の立場からキャッシングを考えてくれているところも多いのですね。

特に、インターネットでさまざまな手続きを済ませれば、周りの方に気づかれる可能性は大変低くなります。

返済の計画ができそうだったら、ネットや専用窓口への電話などで相談をしてみましょう。

誰でも初めて行うときはドキドキしてしまうものです。ですが、相手はたくさんの相談を受け入れているプロですので、安心して第一歩を踏み出してみてください。

キャッシング審査における保証人の位置合いとは?

キャッシングを行う際に保証人は必要なく、キャッシングを行うことができると言う事は皆さんご存じではないかと思います。しかしながらキャッシングを行う条件やキャッシングを行う人の職業によって保証人を立てなければならない場合もあります。基本的にキャッシングを行うことに保証人が要らないと言われてはいますが、果たしてどのようなときに保証人が必要とされるのでしょうか?

まず1つは申し込みを行う人の職業が学生であった場合、また安定した収入がない場合には保証人を立てなければならない場合があります。また主に学生が対象になりますが、ローンやクレジットカードなどで300万円以上の借り入れがある場合には原則として両親が保証人になる必要があります。めったに保証人は必要ありませんが、保証人が必要となる場合もありますので注意が必要です。